パーキンソン病専門メニューでのリハビリとは

神経難病疾患であるパーキンソン病は、日本人の1000人に1人、60歳以上では100人に1人が発症すると考えられています

想像以上に大勢のかたが悩まれていますが、専門のリハビリを受けられる施設はあまりありません

症状としては、小刻みな歩行、ふるえ、動作が緩慢になるなどの運動の障害、味覚異常やうつ、便秘など運動以外にも様々な症状が出ます

また日によって、調子の良い時、悪い時のがはっきりしているかたも多いです

このようなパーキンソン病、パーキンソン症候群などのリハビリには、脳卒中とは違った専門のリハビリが必要になります

大きな動きの運動を行い、小さくなった動作や歩行を改善します

楽しく明るいメニューを声を出しながらおこない、自然と笑顔になれるトレーニングです

大幅な歩行の練習、大声を出す練習も合わせて行います

また、鍼灸では、首のコリや痛み、むくみ、自律神経に対応した鍼灸、超音波治療を行います

また表情が乏しくなる、声が小さくなるなどのパーキンソン病の症状には、顔ヨガや顔の筋肉への鍼や超音波も取り入れています

体力や筋力が落ちているかたも多いので、ピラティスの要素も取り入れてしっかり体幹・インターマッスルを鍛え、片足立ちや足首の動きをしっかりトレーニングいたします

パーキンソン病専門リハビリをマンツーマンで行い、笑顔を取り戻したお客様もたくさんいらっしゃいます

一度、体験プログラムで、パーキンソン病リハビリをご体験ください