陶芸療法(毎月一回開催)

備前焼の人間国宝、藤原啓を祖父に、藤原雄を父に持つ三代目、藤原和を講師に迎え、備前焼手びねりの陶芸体験を行います。
陶芸には、土のもつ癒し効果だけでなく、土をつかむ、こねる、つまむ、押さえるなど、さまざまな手指を使う動作が含まれ、どんな形を作ろうかと考えながら手を動かすので、脳の刺激にもなり、脳梗塞のリハビリに効果があるとされています
ただ、土に触れる、土をたたくだけでもかまいません。
作品は後日、藤原先生の窯にて、焼成してお渡しします。

お問い合わせ