脳疾患で麻痺などの後遺症が出た場合、非麻痺側(麻痺していない側)の運動機能も30%ほど失われるといわれています

 

つまり、正常なはずの「麻痺していない側」も筋力や機能が低下していて、弱っているため、麻痺のリハビリの妨げになることがあります

また、麻痺していない側を酷使するために、痛みに悩むかたも多いです

当センターでは、「健足(麻痺していないほうの足)」の動きを見せていただき、健足の筋力を強化します

 

また、麻痺などのために、あまり身体を動かさなくなったり、車いすでの時間が長かったりすると、体幹(インナーマッスル)も弱っているかたが多いです

体幹をしっかり鍛え、身体の軸を強くすることで、身体が安定し歩行もしっかりしますし、麻痺側のリハビリもスムーズに進みます

 

合わせて、動きの出てきた麻痺側の手や足のトレーニングもおこない、しっかりした筋肉をつけていきます

 

お問い合わせ