しつこい痺れを改善する

脳疾患の後遺症として、麻痺側の手足や顔面のしびれに悩むかたも多くいらっしゃいます

特に視床の脳出血の後遺症でよく見られます

 

しびれには、脳や脊髄が原因となる「中枢性」のものと、血流や身体の神経から来る「末梢性」のものがあります

正座で足がしびれるのは、血流が悪くなった末梢性のしびれです

一方、脳疾患の後遺症のしびれは、中枢性のしびれであると言えます

とはいえ、中枢性のしびれであっても、麻痺側の身体がとても冷たく血流が悪くなっているので、血流の改善も大切です

天候(気圧)によって悪化するかたも多いです

 

病院で、「しびれはこれ以上良くならないので、うまく付き合ってください」と言われ、「かわいい彼女ならうまく付き合うけど・・・」と嘆くお客様もいらっしゃいます

不快な症状には、なかなかうまく付き合えるものではありません

 

当センターでは、鍼灸、川平法リハビリ、ピラティスを取り入れた体幹トレーニングでしびれを改善します

 

まず、しびれの軽減には鍼灸治療が有効です

「10段階中8」のしびれがあったお客さまが、「10段階中2」までしびれが減ったと実感され、何度かの施術で「2」の良い状態を維持しています

 

鍼灸室では超音波治療も合わせて行い、筋肉の緊張を取り、血流を改善します

 

川平法では、動きにくい部位やしびれのある部位のリハビリを行い、運動障害を解消することで、しびれを改善します

指先がのあるかたも多いので、指のリハビリもおこないます

指の一本一本のリハビリができるのは川平法だけです

 

体幹トレーニングでは、ピラティスを取り入れたトレーニング、筋肉を強くするトレーニングを行います

姿勢を正しくしてインナーマッスルを鍛えることで、身体の機能を高め、しびれを改善します

一過性ではなく、改善を定着させる持続させることが一番の目標です

 

また、触るだけで痛い視床痛のお悩みにも上記のリハビリで対応いたします