肩や腕の痛みについて

人間の腕の重さは、片腕3~5キロ程度あるといわれています。

麻痺している場合、筋力が使えないので、その腕の重さがまるごと肩にかかってきます。

そこで、肩の関節がずれたり、亜脱臼となって、肩や腕の痛みを訴えるかたが多いです。

三角巾やテーピングなどで持ち上げると一時的な痛みはよくなりますが、長期の使用はおすすめできません(ますます動かさなくなるため悪化するので)。

 

当センターの鍼灸や超音波で、痛みの軽減は可能ですが、関節がずれている場合は治すことはできません。

亜脱臼を治す(接骨)には、整形外科または、柔道整復師の資格が必要ですので、必要があれば、接骨院をご紹介し、まずは関節を正しい位置に戻します。

その上で、麻痺した肩、腕、手首のリハビリをおこないます。

神経回路がつながって、腕が動くようになれば、筋肉が働きますので、肩への重さの負担が減り、肩や腕の痛みも改善します。

筋肉がつけば、血行の改善にもつながるので、痛みはさらに軽減します。

当センターでは、痛くてベッドに横になるにもひと苦労され寝返りも打てなかったお客様が、肩の痛みが取れ川平法リハビリで肩が動かせるようになって、睡眠の質が格段に変わったと喜んでくださっています

施設の看護士さんから「本当に痛くないの?」と驚かれるそうです

痙縮で固く縮まっていた上腕の筋肉も働き始め、柔らかく大きな筋肉になりました

いま筋肉をつけるトレーニングを開始しました